第2章 自立した女性の「独立・開業」 ④倒産の危機、ブロックビルド!!

2021年1月8日 5:24 pm

「こんなに頑張ってきたのに!!」そんなことってありませんか?

・頑張ってきたプロジェクトの中止

・事業撤退

・リストラ・・・

 

私もプライベートでは、流産や離婚を経験した時もそうでしたし、サラリーマン自体もきつかったぁ~

私は飽き性で、変化を元々求めて転職でキャリアアップをして来たました。

今振り返ると反省(考えが浅かった)

20代は、今振り返ると、自分のやりたいことに出会うために放浪していたように思います。

 

記憶に大きいのは、リーマンショック!!

経験していてよかった~

 

 

ある会社のスクール立ち上げ。

引き継いだ当初は、年間47万信じられない実績。それが3年で8千万のスクールに!!

しかし、62億の会社が150億の会社に成長した頃、突然危機がやってきた。

患部の給与減額がはじまり、私も減額を自ら申し出た頃。

それでも守れなかった。

外部資本が入り、社長は退任。しかし、スタッフは今も頑張っている。スタッフだけでも守れてよかった!!

 

でも当時はスクールは順調だっただけに、朝の出勤の道を歩きながら涙が止まりませんでしたね。

何で?どうして?・・・

 

そして直面したリーマンショック!!

大手の古巣に戻り、立て直しメンバーとして奮闘していたが、やがて世界的不況に・・・

私は500人のリストラを・・・

刺される覚悟はしました。当然自分も退職届は用意しましたが

辛かった~

 

独立してからも・・・

順調だつた。ずっと黒字で事業拡大も考え、2つ目の事務所も契約して!!

当時私は、日本企業の依頼で、中国でのサロンたちあげのため1年半ほど留守にして・・・

帰国した頃には疲れ果ていて、次の案件はインドでのサロン立上げ。しかし疲れ果てていて断ってしまった。

その頃、残ったのは赤字のサロン。

法人契約がいったん途絶え、倒産の危機に墜落。

エネルギー不足で、いったん自宅に事務所を移し、コンサルとして再度立て直し。

奇跡的に復活できて、今のビルの10Fでサロン再開。これは本当のV字回復。

 

良く乗り越えました!!

 

いつでも「終わり」は来る。

立ち止まる時も必要になる。

ブロックビルドは、次への準備なんだとわかったのは最近のこと。

 

手放す勇気・決断。

それが、最も大切なんだよね。

失うものがないことって一番強いでしょ!!

 

 

ただ「諦める」ということとは違う。

2020年から突如のコロナ

苦境にたたされているサロンも少なくない

手放す前に、「全てやりきったか?」をもう一度考えて・・・

私は、今最も出会いたいのは、折角頑張ってきたのに閉店を考えているサロンオーナー

何が出来るか、見てみないとわからない。

けれど、助けたい私のできることならば・・・

 

連絡下さい!!

一緒にあがいてみましょ!! ラストチャンスを私に・・・