第3章 サロン経営 ④「稼働率・・・お客様がいなければ始まらない」

2021年1月12日 6:55 am

サロン経営「稼働率・・・お客様がいなければ始まらない」

 

私もクライエントサロンでも「1人生産額」を良く考えます。

給与はできるだけ高く支払ってあげたい。けれど売上と比例です。

ホテル等もそうですが、稼働率(利用率)が低ければ、経費だけが動いて、真っ青~

特に役務を扱っていれば、借金がいつまでも消えない恐怖!!

 

 

 

どんなお仕事も客数*客単価がベースにあるはずです。

集客は常に必要なこと。飽きさせないということも今後の課題テーマの1つです!

私たちの業界で考えると・・・
●新規様
●継続会員様
●休眠戻し
●紹介新客様

になると思います。

一般的役務を扱うサロンの新客入会率適正は30%ブライダルは80%)
都度利用はお客様にとっては負担なくとてもいいことですが、人間力、技術力がなければ大変な営業になることも・・・

通常は自然人口流動比25%(お客様理由で来店できなくなると考えます)を考えればmax稼働75%ということになります。

 

都度支払いが、お客様としては利用しやすい。

リピートサイクルはどうなってますか?

曜日・時間帯稼働は?

 

もし、チケットや回数券を扱うなら・・・

継続的役務提供の場合は、契約書がまず必要であること。

あくまでも預かり金なので、返金リスクを持っていることを忘れてはいけません。

それ故に、役務残管理や来店管理を欠かすと大変なことになります。

運転資金とは、切り分けることをオススメします。

 

休眠率・終了率・回収率を把握していくことも大切です!!

そして、年間キャンペーンは、誰を対象にするのか?ストーリーづくりが最も大切です。

 

毎月月次処理はPCにかじりつきです!!