第4章 エイジケア 美容筋膜 ①筋膜リリースの出会いとこれから

2021年1月21日 4:51 pm

私は、「セラピスト」という職業を目指したことはありません。

どちらかというと「武器」と捉えてきました。

 

一番最初に触れたのは、「経絡」がスタート。

最初の就職は、化粧品業界でした。そこで自然との調和を目指した自然派コスメ・サプリの製造販売会社でした。

「ツボ」というものを活用した美顔が一番最初に触れたものでした。

10年後、顔だけでは真の健康は目指せないと考え、選んだのが「エステ業界」でした。

次に触れたのが、「リンパマッサージ」痩身も含めて・・・

ただ、セラピストというよりは、教育部部長として部門目標を達するための1つの手段として国際資格の認定校を目指してのこと。

いつの間にか、追及していく中で・・・

アロマ、足つぼ、東洋医学、美容整体、心理学とさまざまなセミナーに参加してきました。

近年ではマーケティングなんてことも学びました。

ここに来るまでに生涯では、1千万規模になります(汗)

 

全ては「勝ち残る」ため

 

コンビニより多いと言われる2兆円市場と言われるリラクゼーション業界

立地はあれど、扱うものって似てませんか?

ボディケア、足つぼ、リンパ(アロマ含む)、美容整体、コルギ、ロミロミ・・・そして筋膜

お客様にとっては、何が自分にあっているか結局受けてみないとわからない。

 

いつしか・・・

お客様にとって必要な技術って?って考えるようになりました。

 

一番最初「高田馬場」でオープンした頃は、「様々な技術が味わえるサロン」として「Therapy Space」という屋号で

スタートしました。

アロマセラピー、バンブーセラピー、ストーンセラピー、足つぼ、美容整体・・・

 

やがて「筋膜リリース」という言葉が日本でも聞かれ、TVでも露出される機会が増えました。

何だろう?と思って、セミナーに即申し込み

行ってみたら「自分で扱っていた美容整体オイルバランシング」に実に似ていてビックリ!!

 

 

何だ。美容整体じゃん!!

 

ところが、セミナー終了後から沢山の本を読み漁り・・・

奥が深い!!

 

元々筋膜リリースは「リハビリ術」として、アメリカから入ってきたのが起源らしい。

所説あるので・・・

 

 

今、エイジケア美容筋膜は、なんとバージョン10!!

誰かに教わるというよりも「手が呼ばれる」

そろそろギックリ腰からの学びで、バージョンupが近いですが・・・

 

 

いつも手がお客様のカラダに呼ばれ、手技が誕生、書物で確認。

これが、飯間式「エイジケア 美容筋膜」の誕生です。

自己のカラダに何か不調が現れ、お客様にも同じ悩みがあり、どうにかならないか課題が生まれて・・・

 

今は、お客様の真の健康づくり

お客様の健康サポートは、私が!! そんな使命感です。

 

 

諦めないで・・・

老化のせいにしないで・・・

 

蘇らせたい「Re・Bodybalance」の屋号に込めた想い

そして、「明日に向かうエネルギーチャージ!!」サロンが存続する目的

セラピストは、お客様に必要とされる存在を目指して、ずっと奮闘中!!

 

 

50代を迎えて、「引退?!」をよぎることも・・・

国際資格INFAを広めるセラピスト(講師)に、まだまだよ。ひよこじゃない!! 育てないと!!

真のセラピストを育てないといけないのよ!!

 

 

確かに・・・

 

この美容筋膜が全国で誰でも受けられたらいいのに!!

何人を笑顔にできるだろう!!

諦めていた自分の未来に、嘆きから希望に変えられるだろう!!

 

それが今もバージョンアップしていく意味。

しかし、腰・膝まで来ましたが、この後どんな老化を体験するのか怖い!!